酉年 平成29年





今年は誰の作品かわからない状態での品評会という企画をしました。
毎年この景色にはなります。 今年は賞品を出しました。



参加者の作品。

今年は和尚、尽貫による採点と参加者投票により最優秀者を選びました。


最優秀は山浩です。


今年は新参加の国壱さんが加わりました。


双龍は以前のK氏から巻甚会長が双龍と命名しました。


束智 双龍1 双龍2

匡壱 奮迅 十郭

巻甚 山浩 棟梁



番外


和尚、尽貫の作品です。

和尚は十八番の縁なしの作品でしたが、今年は完全オリジナルデザインでした。


尽貫は花札の絵から、ペラペラの作品と縁ごと一枚彫りの2作品でした。


※尽貫の縁ごと一枚彫りは室内では影になるので明るい日に撮り直しました。


和尚 尽貫1 尽貫2

尽貫3 尽貫4 尽貫5